引き続き

十二音技法(セリエリズム)やトータル・セリエリズム等を学び終え、アルゴリズムによる作曲や偶然性の導入、即興や不確定性、さらにミニマリズムやアンビエントの勉強へと進む。