Watery V2

Aug 5, 2022 / Making Music

Watery

Aug 5, 2022 / Making Music

カットアップ

えふくんとカットアップについて電話で熱く話し合う。

Aug 5, 2022 / Making Music

白紙

青写真というか予め用意したイメージに近づこうとすればするほどイメージから離れてゆくもどかしさがあって、やはり白紙というかまずは音を出し出来上がったものをイメージとする方が自分には合ってるみたい。

Aug 5, 2022 / Making Music

Nu

シングル『Nu』をリリースしました。2021年のNZFE『Collecting fragments of our signature』の音を用いたノイズミュージック(カットアップハーシュ)です。 https://nzworkdown.bandcamp.com/album/nu

Fendoap( @seitokisoukari )くん、a0n0( @a_0_n_0 )さん、そして写真を提供してくれたえふくん( @LOID0001 )、どうもありがとう。

cf. Collecting fragments of our signature | NZFE | 時の崖_tokinogake https://tokinogake.bandcamp.com/album/collecting-fragments-of-our-signature

Nu

Aug 3, 2022 / Release

改良中

川の曲を改良中。気が狂いそう。

改良中

Aug 1, 2022 / Making Music

不思議な存在

わたしの中でPita(Peter Rehberg)はとても不思議な存在だ。追悼アルバムに誘われ初めて彼を知った。必死に彼のことを調べたし、彼の音楽の大ファンにもなった。だが「遅れてきたファン」である自覚は消えなかった。そのことが彼への複雑な思慕の念を醸成している気がする。

Jul 23, 2022 / Listening to Music

Water State

Holy Similaun率いるイタリアのレーベル「Prehistoric Silence」より、新作EP『Water State』がリリースされました。これは水の様態(蒸気・氷・大気・水)を表したアンビエント作品です。

https://prehistoricsilence.bandcamp.com/album/water-state

Water State (Prehistoric Silence)

Jul 23, 2022 / Release

見立て

最近考えているのは、水の音を一切使わずに水的なものを表現するということ。渦巻いたり、跳ねたり、流れたり、淀んだり、落下したり、うねったり、泡立ったり。それをできれば電子音のみで表すこと。

Jul 19, 2022 / Making Music

AISO

このデバイス、とても気になる。

cf. AISO automatic bgm generator https://aiso.ooo/

AISO automatic bgm generator

Jul 7, 2022 / Making Music

Kagami Smile『Leaves Change and So Does the Color of Your Heart』

Kagami Smileが送ってくれたカセット。

Kagami Smile『Leaves Change and So Does the Color of Your Heart』

Jul 3, 2022 / Listening to Music

LOID『Perspectivism』

えふくん(LOID)の新作グラフィック作品集『Perspectivism』と、わたしの写真集やら作品集やらとをトレード。

LOID『Perspectivism』

Jun 19, 2022 / ZINE

Paranoise Radio

Webラジオ「Paranoise Radio」におけるHoly Similaunの番組にわたしの『Air』がインした。気づくのが遅くわたしは聴けなかったが、えふくんが大喜びしてくれた。

Paranoise Radio (1)

Paranoise Radio (2)

Jun 11, 2022 / Radio

幽霊姉妹『真ん中 / in the middle』

Artworkのデザインを手掛けました。ドローイングはSappowさんによるものです。

cf. 幽霊姉妹『真ん中 / in the middle』 https://sappow.bandcamp.com/album/in-the-middle-ep

幽霊姉妹『真ん中 / in the middle』

Jun 9, 2022 / Design

Lake of Madder『Symphonia Eremita』

Artworkのための写真を提供しました。

cf. Lake of Madder『Symphonia Eremita』 https://lakeofmadder.bandcamp.com/album/symphonia-eremita

Lake of Madder『Symphonia Eremita』(1)

Lake of Madder『Symphonia Eremita』(2)

提供写真 (オリジナル)

Jun 2, 2022 / Design

Sappow『Collapse EP - Limited Edition Cassette』

カセットのデザインを手掛けました。カバー写真はSappowさんによるものです。

cf. Sappow『Collapse EP - Limited Edition Cassette』 https://sappow.bandcamp.com/album/collapse-ep

Sappow『Collapse EP - Limited Edition Cassette』

Jun 1, 2022 / Design

Vapor - EP

『Vapor - EP』のサブスク配信がApple Music・Spotify・Amazon Music Unlimitedにて始まりました。掲載ショップは今後少しずつ増やしてゆく予定です。

cf. Vapor by nzworkdown - TuneCore Japan https://linkco.re/Vdyq91Cn?lang=ja

Vapor - EP

May 5, 2022 / Release

Sappow『Collapse EP』

Artworkのデザインを手掛けました。カバー写真はSappowさんによるものです。

cf. Sappow『Collapse EP』 https://sappow.bandcamp.com/album/collapse-ep

Sappow『Collapse EP』

May 4, 2022 / Design

サブスク配信

無事に審査に通り、予定通りなら5/5より各種プラットフォームにて『Vapor - EP』のサブスク配信がスタートすることに。1年間で5,600円くらい。今回はTuneCore Japanに依頼した。

May 1, 2022 / Making Music

パーフェクト

3曲をHoly Similaunと共有。Track 1に関し「もう少し音があると良いかも」との助言をもらい溶かしたピアノの音を加え、再び共有。「曲の終わりがやや唐突かも」との助言をもらいさらに曲の長さを3分強から4分強に伸ばし曲の終わりをフェードアウトさせたバージョンを共有。「パーフェクトだ」と言われる。

Apr 15, 2022 / Making Music

溶け合う

Prehistoric Silenceに送るための音源を作る。Vapor的なサウンドをさらに押し進め、様々な音が重層的に「溶け合う」ような作品を目指す。

Apr 4, 2022 / Making Music

Prehistoric Silence

Holy SimilaunよりDMをいただき、彼のレーベル「Prehistoric Silence」からEPを出してみないかとのお誘いを受ける。曲数は3〜5曲。期限は6月〜7月。リリースもその頃。

えふくんが彼自身のことのように喜んでくれ、それも嬉しかった。さっそくPrehistoric Silenceの17作品を全て聴いてみたり、全作品を購入してみたりする。

Prehistoric Silence

Mar 31, 2022 / Making Music

Aphex Twin

最近はAphex TwinのめっちゃCoolな未発表LIVE音源を馬鹿の一つ覚えみたいに聴いてる。曲の中がどうなっているのかそればっか考えてる。

cf. Aphex Twin - Unreleased Live Tracks 2016-2019 *Update 3 [boxing day broadcast update]

Mar 8, 2022 / Listening to Music

ダミアン・ハースト展

えふくんと水道橋のルノアールでお茶をし、六本木に移動。国立新美術館で開催中のダミアン・ハースト展を観る。さらに彼の誕生日プレゼントも兼ねて一緒に美術館のカフェで食事。たくさん話をする。

Mar 6, 2022 / Misc.

今朝の音楽

Pan Sonic『Gravitoni』(2010)、ryoji ikeda『+/-』(1996)、Pita『Seven Tons for Free』(1996)、辺りを聴いている。

Feb 20, 2022 / Listening to Music

テーマ見直し

アルバムを作ろうと必死になり7曲まで完成させたが、今朝になって5曲をボツに。残った2曲が全てシンセで構成されていたことから、予定していた物音系というテーマ自体の見直しにも繋がった。

Feb 18, 2022 / Making Music

妥協

「この程度でいいか」からの卒業。「1ミリも自分に嘘つかない」という制作態度、わたし自身、ひいては音楽に対する覚悟について。

Feb 16, 2022 / Making Music

異質なもの

異質なものと対峙したときの態度でその人のことがだいたいわかるんじゃないかって気が急にしてきた。

Jan 31, 2022 / Misc.

a0n0『Objective.』

a0n0さんの『Objective.』を聴く。

「Broken idol at Copan」や「線香」にみるa0n0さんの微細なノイズへの美意識、「Stupid things」のリズムや「Hallucinatory」のボイス・サンプリング、「Hallucinatory?」のクレッシェンド等にみる新たな方向性とその模索、そして「Sounds that ring in the outside world」で締め括るあの感覚。

プライベート配信というリリース形態もおもしろい。

a0n0『Objective.』

Jan 30, 2022 / Listening to Music

Get This: 32 Tracks For Free – A Tribute to Peter Rehberg

スイスのレーベル「$ pwgen 20」よりPita(Peter Rehberg)のトリビュート・アルバムがリリースされました。全32曲。デザインはTina Frank、マスタリングはRussell Haswellが手掛けています。

わたしは「R for Pita」という曲で参加しています。

https://pwgen20.bandcamp.com/album/get-this-32-tracks-for-free-a-tribute-to-peter-rehberg

Get This: 32 Tracks For Free – A Tribute to Peter Rehberg

Jan 22, 2022 / Release

Pita『20200215 Soto, Kyoto, JP』

Pitaのライヴ音源『20200215 Soto, Kyoto, JP』を聴く。 https://pitaemego.bandcamp.com/album/20200215-soto-kyoto-jp

Jan 21, 2022 / Listening to Music

芥川也寸志『音楽の基礎』

芥川也寸志さんの『音楽の基礎』を読み始める。いきなり無響室や大砂漠の夜の静寂という(精神に異常をきたすほどの)特殊な環境の話から始まり、かすかな音響の存在する日常的な静寂の美の話になり、音楽の美へと話をつなげてゆく感じが良い。

作曲家は自分の書いたある旋律が気にいらないとき、ただちにそれを消し去ってしまうだろう。書いた音を消し去るということは、とりも直さずふたたび静寂へ戻ることであり、その行為は、もとの静寂のほうがより美しいことを、みずから認めた結果にほかならない。 音楽は静寂の美に対立し、それへの対決から生まれるのであって、音楽の創造とは、静寂の美に対して、音を素材とする新たな美を目指すことのなかにある。

- 芥川也寸志『音楽の基礎』、岩波新書、1971年、p.2

芥川也寸志『音楽の基礎』

Jan 17, 2022 / Listening to Music

Pita『20200219 Quai de Bourbon, Paris, FR』

Pitaのライヴ音源『20200219 Quai de Bourbon, Paris, FR』を聴く。 https://pitaemego.bandcamp.com/album/20200219-quai-de-bourbon-paris-fr

Jan 17, 2022 / Listening to Music

奥ゆかしさ

単なる音の羅列だったものが、一つの音楽に変貌する瞬間ということについて考えている、、。わたしに音楽は無理なのだろうか。どうしても音単位で考えてしまうし、ストラクチャーの観念が抜け落ちている気がする。

たとえば高い音とか、低い音とか、中音域?とか、みんなの曲を聴いているとしっかりデザイン?されているように感じられるし、そういうこと一つとっても自分にはできないというかかなり難しい。練習? 学習? 慣れ? 感覚的なもの? 音楽を志向することとは?

シャッターを押せばひと通り何とかなった写真とは違い、音楽にはテクニカルな部分と感覚的な部分に収まらない、何かもう一つの壁のようなものがあると感じている。音楽の奥ゆかしさ? のようなもの。

Jan 14, 2022 / Making Music

Webデザイン

2022年の元旦はひたすらWebサイトいじり。今回は「Oculus」というテーマを利用したりとか。

Webデザイン

Jan 6, 2022 / Design

2022

あけましておめでとうございます。

2022

Jan 1, 2022 / Misc.

12/31

12/30はPitaのアルバムを数枚じっくり聴いて、そのあとしばらくして坂本龍一さんの『Esperanto』を聴いた。日付変わって12/31。

12/31

Dec 31, 2021 / Listening to Music

情緒

このところ感情、こと情緒に訴えかけるものに対する疑心が大きくなりつつあり、それなのにそれから自由になれないどころか、真逆な自分に吐き気というか気持ち悪さを感じている。

Dec 30, 2021 / Making Music

物の様態

わたしにとって写真の関心事はつねに物の様態というか、物が物でしかない感じだったのだけど、音楽に移行してからあまりそれを意識していなかったなーと。あの感じ、ちょっと思い出したい。

Dec 26, 2021 / Making Music

メタル

最近好きになったメタルバンド。

  • Slipknot
  • Korn
  • Metallica
  • Megadeth
  • Anthrax
  • Slayer
  • System Of A Down
  • Deftones
  • Iron Maiden
  • Motorhead
  • Scorpions
  • Van Halen
  • Pantera
  • Immortal

よろすずさんに教えていただいたバンドも。

  • Meshuggah
  • Dødheimsgard
  • Children Of Bodom
  • Extreme

Victor Moraguesに教えていただいたバンドも。

  • Sodom

Guy Birkinに教えていただいたバンドも。

  • The Haunted
  • At The Gates

Dec 24, 2021 / Listening to Music

2021 Best 10

Yuさんに今年のベスト10に選んでいただきました。ありがとうございます。

cf. 2021 Best 10 – UNDERARROW / Yu Miyashita aka Yaporigami https://underarrow.com/2021-Best-10

2021 Best 10

Dec 21, 2021 / Making Music

音戦争

10代の頃の作品『音戦争』。CD-Rが残っていました。内容はラジオのチューニング音や他人の作品を勝手にコラージュしたもので、とても公開できませんがやっていることは今と変わらない感じ。

音戦争

Nov 18, 2021 / Making Music

ノイズ

ノイズがノイズそのものを聴く行為として今、変容しつつあるのだとしたら、わたしはそれをどう捉えるのかなと考えています。

Nov 16, 2021 / Making Music

MoMAT

えふくんと東京国立近代美術館へ。

東京国立近代美術館にて

Oct 6, 2021 / Misc.

ほったて小屋

「曲にするなら、それをある程度の構築物にして欲しい想いはちょっとあるんだよね」とYu Miyashitaさんは仰るのだが、わたしはこのところずっと真逆の関心を抱いていて。構築物というよりは、もはや崩れかけ自然と同化したほったて小屋のような音楽を作りたい。

Sep 26, 2021 / Making Music

Ilpo Väisänen

まさしく探求者の音だった。

Ilpo Väisänen

Sep 16, 2021 / Listening to Music

地獄絵図

抑制を意識しすぎた反動か、次の作品のイメージが強烈に湧いた。無数の具体音にエレクトロニックな音を加味した地獄絵図みたいなの。

Aug 19, 2021 / Making Music

曖昧さ

どんな音になるかは未定だが、いわゆる「曖昧さ (Ambiguity)」をテーマにした音楽をやってみたいと考えている。はっきり・くっきりもしていないし、ぼんやりもしていない、あるいはその両方でもあるような音。ある種の居心地の悪さに根差すこと。

Jul 28, 2021 / Making Music

Jake Muir

Jake MuirがミラノのWebラジオ「Radio Raheem」に提供したMixに、わたしの「Drop」という曲がインしました。

cf. Radio Raheem https://radioraheem.it

  • O Yuki Conjugate – 25.01
  • Thomas Dimuzio – Cold Fusion Off Broadway
  • Thomas Köner – Novaya Zemlya 1
  • William Basinski + Richard Chartier – Divertissement Pt 2
  • Nocturnal Emissions – Untitled 6
  • Joe Talia – good as gold
  • Oren Ambarchi / Kassel Jaeger / James Rushford – Face Time
  • Jim O’Rourke – flooring
  • Kate Carr – redblooded
  • Lisa Smirnova – Your Hair Turned Silver, Yet There’s A Long Way To Go
  • Mark Van Hoen – Faeroes
  • Keeler – Cold, Cold City
  • Matthew Mercer – Watchful Hands
  • Ahnnu – Two Squares
  • Chris Watson – Vatnajökull
  • Kassel Jaeger – Rose Poussière
  • KP Transmission – Ranenaya Zmeya
  • Vidna Obmana & Asmus Tietchens – Vot 5
  • James Rushford – U+25CF
  • nzworkdown – Drop
  • Sam Dunscombe – Desert Disco

Jul 19, 2021 / Radio

Actual Grammar

Joe GilmoreとPaul Emeryによる「Actual Grammar」(フランスのWebラジオ「LYL Radio」の番組)において、TOKINOGAKE COLLECTIVEの『May 2021』から「020_019_pq_nz-edit」(peeq / nankotsuteacherさんの音源をわたしがeditしたもの)が放送されました。

cf. LYL Radio | Actual Grammar https://lyl.live/episode/actual-grammar-17

Jul 2, 2021 / Radio

For Nina『Recursion』

えふくん(For Nina)のテープ作品『Recursion』が届いた。

cf. Recursion | For Nina | Nazlo Records https://nazlorecords.bandcamp.com/album/recursion

For Nina『Recursion』

Jun 15, 2021 / Listening to Music

おんがくりょこう

Sappowさんのラジオ『おんがくりょこう』で「Tear(引き裂く)」という曲を紹介してもらいました。めっちゃ嬉しいです。

cf. 第19回おんがくりょこう(part02)b|Sappow|note https://note.com/sappow/n/ned3a6b1476b3

Jun 14, 2021 / Radio

NZFE

Yusuie ao / Fendoap( @seitokisoukari )さんとの共同作業が本格化(6/6からスタート)。TOKINOGAKE COLLECTIVE『June 2021』収録の「047_037_nz_fd – edit」がきっかけです。

マルコフ連鎖!!!!!

Jun 13, 2021 / Making Music

a0n0 / Takeshita『split c20』

a0n0さんとTakeshitaさんのSplit作品『split c20』がシアトルのレーベルImploding Soundsより本日リリースされました。わたしはK / Katsura( @Xxx55689_K )さんの写真を用いたアートワークのデザインをしています。

cf. split c20 | a0n0 / Takeshita | Imploding Sounds https://implodingsounds.bandcamp.com/album/split-c20-2

a0n0 / Takeshita『split c20』

Jun 5, 2021 / Design

浮きかす

もう半年ぐらいかな、ノイズを用いて、壁にできた小さな傷や染み、水の浮きかすみたいな曲をずっと作りたくて。ラウドではなく、掠れた感じでたまに鳴る、気づくと終わってるような音楽。

May 30, 2021 / Making Music

週刊ギャザイギョウゾ

Gyazai Gyozoさんの『週刊ギャザイギョウゾ』に作品のレビューが載りました!

週刊ギャザイギョウゾ (1)

卵バージョンも!

週刊ギャザイギョウゾ (2)

May 29, 2021 / Making Music

fals.ch

a0n0さんとこのロシアの謎のレーベルのことで盛り上がる。「Ovalの最高すぎる音源、name your priceで11人しか買ってない。こんな素晴らしいレーベルはない」。魔境。さらに深部には知らない秘密の音があるのだろう。「冒険ですよ」とa0n0さんが言う。

Music | fals.ch https://fals.ch/

fals.ch

May 27, 2021 / Listening to Music

Kagami Smile『Ghost Dream』

届きました、Kagami Smileの『Ghost Dream』。初めて買ったテープ作品で、フィジカルの魅力を改めて感じました。

Kagami Smile『Ghost Dream』

May 25, 2021 / Listening to Music

Guy Birkin

Guy Birkin氏よりメッセージをいただく。

Guy Birkin (1)

Guy Birkin (2)

May 12, 2021 / Making Music

DEN SEI KWAN『P’』

DEN SEI KWAN『P’』を聴く。

DEN SEI KWAN『P’』

May 7, 2021 / Listening to Music

Decay Mod Chords

Logicのライブラリ「Decay Mod Chords」がずっと気になっており、このライブラリ1本で何らかの連作が出来ないか考えたりしている。

May 5, 2021 / Making Music

初VJ

時の崖Radioにて初VJ。わたしは13:00からえふくんのBot DJに合わせて動画配信。神奈川県立近代美術館(葉山館)から近隣の風景を撮ってお見せするなど。

葉山の海。

葉山の海

May 4, 2021 / Radio

RADIO SAKAMOTO

J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』にてわたしの曲がノミネート&放送されました。めちゃくちゃな電子音 + ノイズ曲だったのですが、「こういう電子音楽って嫌いな人は嫌いだと思うんですけど、ぼくは好きですね」と蓮沼執太さんが仰ってくださいました。

RADIO SAKAMOTO

May 4, 2021 / Radio

フライヤー (2)

時の崖Radioのフライヤー第2弾を担当しました。

フライヤー (2)

May 3, 2021 / Radio

フライヤー

時の崖Radioのフライヤーを担当しました。

フライヤー

Apr 28, 2021 / Radio

μ-Ziq

μ-Ziqを聴きながら寝落ち。

Apr 27, 2021 / Listening to Music

Yaporigami

YaporigamiことYu Miyashitaさんより、本日ゲリラ的にリリースした『Untitled III』へコメントをいただく。

コメント

Apr 25, 2021 / Making Music

サポート

わたし一人の能力では限界が来てしまい、たまらずa0n0さんに相談、一緒にアルバムの曲順を考えてもらう。2時間ほど2人で話し合い、曲の感じやアルバムのコンセプトなどと照らし合わせて決めてゆく。

Apr 23, 2021 / Making Music

遠藤英次さん

のことをえふくんより聞く。

nzさんの1stを1番初めに買われた「テリる」さん、この方、nzさんも相互フォローされてる遠藤英次さんです。 ご存知でしたらすみません笑 遠藤さん、普段クールで、正直ちょっと近寄りがたいときもあるのですが笑 この方はものすごい音楽をたくさん聴かれてます。僕が勝手に師匠と思っている方の一人です。遠藤さん、デジタルはほとんど買わないんですが、その遠藤さんが真っ先に買われたのは、相当nzworkさんの音を気にいったのだと思っています!

─ えふくん

嬉しくて泣きそうになった。この後、遠藤さんのSoundCloudを集中的に聴く。

Apr 22, 2021 / Making Music

見えてきた

徹夜で曲を作っている。体調を心配されたりもしたが、かなり追い込んで完成形が見えてきた気がする。

Apr 20, 2021 / Making Music

Max6

IKTSさんの作ったMax6のパッチを使って時の崖のみんなで遊んだり。楽しい。

Max6

Apr 18, 2021 / Making Music

マスタリング

a0n0さんの計らいでIKTSさんに曲のマスタリングをお願いしてみたり。今回はテストで1曲のみ。お2人とも本当にありがとう。

Apr 14, 2021 / Making Music

時の崖Radio

今夜も最高だった。

時の崖Radio

Apr 10, 2021 / Radio

サミュエル・ベケット

以下はフランスの抽象画家タル・コアットを否定する形で吐かれたという言葉なのだが、何となく気に入ったので引用する。東野芳明さんの著書『ジャスパー・ジョーンズ アメリカ美術の原基』(美術出版社、1986年)で知った。

「何も表現することがないという表現、たよれるものが何もないという表現、出発点が何もないという表現、表現する力も表現したいという欲望もないという表現、しかも、絶対に表現しなければならないという強制だけはあるという表現」

─ サミュエル・ベケット

Apr 10, 2021 / Misc.

Twitter

Twitterのフォロワーが6人になる。新作の告知ツイートをRTしてもらったり、濱多剣治さんとモジュラーシンセの話をしたり。最初は一体どうして行けば良いのかと悩んだが、シンプルに「フォロワーを増やす」という方向性もあるようだ。

Mar 28, 2021 / Misc.

長居

時の崖Radioに参加する。リスナーが曲を持ち寄ることもあるDiscordを用いたラジオで、パーソナリティーはa0n0さん。さっそく自分も曲をかけさせてもらったり参加者の皆さんとチャットしたり。居心地が良くつい長居してしまった。

Mar 28, 2021 / Radio

フィールド・レコーディング

高円寺駅前広場の噴水の音や周辺の環境音がとても良く、ハトが水を飲んだり歩き回ったりする横でフィールド・レコーディング。9分弱、とてもいいものが録れた。

Nov 4, 2020 / Making Music

高円寺knock

高円寺knockにてNOGAWA kazuneさんやAyami SuzukiさんらのLIVEを体験する。出演されたお二方ともお話でき、またバーの店長やお客さんたちもとても親切にしてくださり、忘れられないほど楽しい夜になった。

高円寺knock

Nov 3, 2020 / Listening to Music