表現

以下はフランスの抽象画家タル・コアットを否定する形で吐かれたという言葉なのだが、何となく気に入ったので引用する。東野芳明さんの著書『ジャスパー・ジョーンズ アメリカ美術の原基』(美術出版社、1986年)で知った。

「何も表現することがないという表現、たよれるものが何もないという表現、出発点が何もないという表現、表現する力も表現したいという欲望もないという表現、しかも、絶対に表現しなければならないという強制だけはあるという表現」

─ サミュエル・ベケット

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *