202109 | TOKINOGAKE

202109 | TOKINOGAKE

  1. 066_ld 06:11
  2. 109_077_me_107_ik_pq-edit 05:29
  3. 096_me 01:01
  4. 114_095_me_sf_edit 02:43
  5. 099_pq 01:02
  6. 106_099_pq_067_pq_fd-edit 00:12
  7. 071_kh 05:55
  8. 083_076_ik_078_nz_079_fd_me-edit 02:15
  9. 102_076_ik_101_kh_kh-edit 02:54
  10. 104_066_ld_096_me_101_kh_pq-edit 04:18
  11. 116_077_me_lf-edit 07:00
  12. 103_060_fd_pq-edit 02:42
  13. 085_083_me_076_ik_078_nz_079_fd_fd-edit 02:08
  14. 112_076_4_4_kicks_bpm100_ik_nz-edit 03:36
  15. 067_pq 06:31

ld_ nazlorecords.bandcamp.com/album/recursion
If_ letterfromobject.bandcamp.com
me_ mesaelechtele.bandcamp.com
fd_ fendoap.bandcamp.com
sf_ sonaformo.bandcamp.com
ik_ ikts.bandcamp.com
nz_ nzworkdown.bandcamp.com
pq_ nankotsuteacher.bandcamp.com
kh_ kenjihamada.bandcamp.com
最低_ theworstvegetablecorner.bandcamp.com

VISUAL
Takashi Aoki / takashiaoki.com
mimikaki / twitter.com/mimikak41861852

MASTERING
uhitokiyosue / www.ondomusic.com/mesa.elech.tele/

Streaming + Download → https://tokinogakecollective.bandcamp.com/album/202109

202108 | TOKINOGAKE

202108 | TOKINOGAKE

  1. 108_078_nz_082_lf_pq-edit 05:52
  2. 75_073_acid_ik_sf_edit 01:56
  3. 074_065_fd_069_lf_me-edit 05:44
  4. 113_066_fd_070if_072pq_073_107_ik_078_nz_084_a0_089_me_105_fd_ik_edit 03:42
  5. 082_lf 03:03
  6. 084_ [f​/​l​/​d]a0 02:00
  7. 110_105_fd_me-edit 06:52
  8. 093_pq 06:23
  9. 115_fd_ay_edit 03:25
  10. 070_lf 02:56
  11. 094_pq 03:58
  12. 065_fd 08:09
  13. 111_069_pq_070_lf_092_pq_093pq_094_pq_me-edit 17:42
  14. 105_fd 04:02

うまくいかなければ、あなたは点々に。すべてのあなたを考えること。あなたの大切さを描きこんで、もっと暗かったり、もっと根本に流れていくはず。筆の中にあかりを集めて、紙切れをすくうだけで少しずつよくなっていきます。やけどの跡にみえる川を書き写して、寝言で誕生日おめでとうって、ルーレットで、ティーカップで、まくらで、イメージで、何年間もこわがっていたノックの仕方と一緒で、想像してたまんまにそっと歩いたら結構大丈夫だった。あの人がいつか死ぬとしたら子どもの頃の友だちの絵を思い出すちょっと後に、夕飯のこと考えて、待ってるのに飽きて、なぜここに来たのか忘れて、イヤリングの色を思い出して、わりとはっきりした日陰、羽根がむき出しの扇風機のボタンは足で押すし、毎日待ってたけど生活があるからって、冷たすぎる水と切り傷だらけの指輪を懐かしい公園で見せてくれた。酔っ払って寝たあそこ、まだあの人の形のままに跡がある。どんなのかはわすれた。-最低

lf_ letterfromobject.bandcamp.com
me_ mesaelechtele.bandcamp.com
fd_ fendoap.bandcamp.com
ay_ ayrtbh.bandcamp.com
sf_ sonaformo.bandcamp.com
a0_ a0n0.bandcamp.com
ik_ ikts.bandcamp.com
nz_ nzworkdown.bandcamp.com
pq_ nankotsuteacher.bandcamp.com
kh_ kenjihamada.bandcamp.com
最低_ theworstvegetablecorner.bandcamp.com

VISUAL
Takashi Aoki / takashiaoki.com

MASTERING
IKTS / ikts.bandcamp.com

Streaming + Download → https://tokinogakecollective.bandcamp.com/album/202108

202106 | TOKINOGAKE

202106 | TOKINOGAKE

  1. 062_[057_pq+035_kh]_fd-edit 04:20
  2. 033_nz 04:16
  3. 053_pq29_ay31_fd42_a043_pq50_ik-edit 01:39
  4. 039_035_kh_a0-edit 02:06
  5. 052_035_kh_nz-edit 04:42
  6. 064_kg 03:37
  7. 038_033_nz_kh-edit 02:31
  8. 061_a0 02:50
  9. 046_044_026_pq_me-edit_me-edit 02:21
  10. 059_036_sf_fd-edit 04:45
  11. 051_027_ik[+028+030+031+032]me-edit(all) 05:30
  12. 063_[26_32_33_35_36_37_40_56_57_61]_ik-edit 02:02
  13. 047_037_nz_fd-edit 01:36
  14. 055_050_pq[+026+048+rap]_me-edit 04:03

崖下の細い洞をくだる人々の熱気にやられた蝿がついに前腕をひねり、無数の拍子でばらつく足の回転の中へ落ちていった。そのずっと後ろを子どもたちが歩いていた、思いおもいに刈り取った花実のない穂を鼻先で揺らして。先に水筒を巻きつけた紐を腰に結わえ、洗いたての恐竜の卵みたいな石を気まぐれに叩く音、川で拾ったあまりに大きい、赤と黒のシマシマのトランクスがズボンの縁からはみ出しているのを、だいぶ大股でさっさと歩く大人たちは笑った。やつらは遅れてきたくせに堂々としていて、子どもたちは尚のことゆっくり、太陽が伸ばす影にさえ追い抜かされるような速さで、手のしわを数えながら歩いていった。顔に当たる透明な拳のような風が、小さな空気の穴に溜まったよどみを払って、大人たちの裸の背中を覆う黄色い花から綿毛をさらった、その日の朝、一番怖がりな子どもが川底から拾い上げたゲーセンのコインを握りしめて、大人たちが硬い土を掘り返すのをみんなでただ見た。四つん這いになって池の水に映る星を数えていたら、街道を駆けていく大人たちの足音が腹をくすぐり、イグサの隙間に屈んで隠れていたイタズラっ子を飛び上がらせた、地面は薄く、鈍色に固まった秘密の空間を匿っていて、ただ中空の羽をつまんで遊んでいる別の子どもたちが、池の星を揺らして空を我がものにしようと試みるみんなを見上げていた、首が痛いね、と言いながら、誰にも気づかれない深海のような地中で。-最低

me_ mesaelechtele.bandcamp.com
fd_ fendoap.bandcamp.com
ay_ ayrtbh.bandcamp.com
kg_ kagamismile.bandcamp.com
a0_ a0n0.bandcamp.com
ik_ ikts.bandcamp.com
nz_ nzworkdown.bandcamp.com
pq_ nankotsuteacher.bandcamp.com
kh_ kenjihamada.bandcamp.com
最低_ theworstvegetablecorner.bandcamp.com

VISUAL
Takashi Aoki / takashiaoki.com

MASTERING
IKTS / ikts.bandcamp.com

Streaming + Download → https://tokinogakecollective.bandcamp.com/album/202106

202105 | TOKINOGAKE

202105 | TOKINOGAKE

  1. 003_a0_pq.wav 02:51
  2. 014_013_ik+010_kh_a0-edit.wav 00:52
  3. 002_001_sf_nz-edit.wav 02:20
  4. 015_007pq+008nz_013ik-edit.wav 01:16
  5. 001_sf 06:09
  6. 016_005_pq+007_pq_kh-edit 03:13
  7. 019_pq 06:15
  8. 020_019_pq_nz-edit 04:12
  9. 021_kg+09_最低_ik-edit 01:49
  10. 018_004_a0+017_pq_pq-edit 04:12
  11. 024_kg+021pq+013ik-edit 01:45
  12. 021_kg 11:02

客たちの歓声が聞こえてきたら、まずは首を守るべきだ。噂によると、あの人たちは漢字が読めず、含蓄も足りなかった。もっと刺激的な話をしてくれと頼まれて、財布の中身が空っぽなことに気づいた。こちらが騒ぎ出す前に、店のオーナーは肉の色の種を四つくれた。寝室のティッシュケースの上に置いて、二日おきに風を当てることにする。夜はやばいおじさんが小学生を追いかけているところに出くわした。六角をふりまわして、自転車分解するぞというおじさん。いつか、蛇が脛にかみついて、毒はないのよと謝りもしない飼い主のおばさんとの戦いは見ものだった。その翌日、七万借りた友だちに八万返しに行った時、臼歯のマークの看板を掲げた店は秘密結社なのだと教えてもらった。歯医者かと思ってたと言ったら、平たい六角形の通行手形をくれた。コンビニより歯医者が多いわけないだろ、と友だちは言った。午後は小さな虹色の虫を描いて過ごした。六人の喪服を着た男女が電柱の下でガムを噛んでいた。目をくり抜くぞと、美しい声でひとりの男を脅す女たち。彼らを上から見られたのは、けがれを貯めた例の箱をアパートの花壇に埋めておいたおかげだ。男は鍵盤ハーモニカのケースから食べかけの梨を取り出して、虫たちのための賛美歌を歌う女たちを追い払った。風呂に入って、泥のような匂いのあぶらを落とした。秘密結社を作ろうと思ったが、失われし一万円のことを強く思いすぎたせいで風呂を出る頃には忘れていた。月がきれいすぎて全裸の夢を見た。肘から先が水滴の集まりになって、あるいは水滴の集まりが腕に取り変わって何も掴めないという夢だ。だが掴めないのは手が水だからではなく、手が水になったという(もしくは水が手だという)そのときめきのせいだ。01_最低

a0n0.bandcamp.com
ikts.bandcamp.com
nankotsuteacher.bandcamp.com
kenjihamada.bandcamp.com
nzworkdown.bandcamp.com
kagamismile.bandcamp.com
theworstvegetablecorner.bandcamp.com

VISUAL
Takashi Aoki / takashiaoki.com

MASTERING
IKTS / ikts.bandcamp.com

Streaming + Download → https://tokinogakecollective.bandcamp.com/album/202105

Posts navigation