Statement

そこにあるもの / The Things Exist There

写真に「撮りたい」と感じる瞬間がある。私にとって、それは物の質感であったり、物の佇まいであったり、総体としてのマッスであったりする。(ここでいう物とは、木、石、水の表面など何でも良い)。つまり、私の「撮りたい」の最小単位は「物」であり、それらの「様態」なのだ。

There is a moment when I want to take a picture. For example, it is the texture or appearance of things and the mass as a whole. I can find it in trees, stones, water surfaces, etc. Therefore, the minor units of my motivation for photography are “things” and their “states.”